今注目の小型限定免許とは?

iここ最近「小型限定免許」が活況な様ですね。

一昔前には販売メーカーもあんまり気合入って無くて、原付や普通二輪や大型二輪には力を入れるんですが、小型限定免許で乗れる二輪車はデザインもダサくて、ちょっと乗って見ようかしらんとは思えない代物ばかりでした。

小型二輪限定免許が活況な原因は、法定速度が30キロと言うのが窮屈になったと同時に売れ筋では無くなってしまった事、各メーカー様が挙って力を入れ始めたのが原因かなと思われます。

今はオートマチック車、平ったく言うとスクーターが売れ筋らしく、いろんな角度から検討するメーカー様が増えて、魅力的な車種が増加しております。

勿論マニュアル車も有る訳ですが、50ccで奪われた牙を125ccで取り戻した、そんな気がします。

そして免許取得から一年経過すると二人乗りが可能となりますので、カップルや親子と思われる車両が増えましたね。

高速道路には乗れませんが、街中で活動するには最適の排気量かと思います。

それに四輪の免許持ってない方は教習所で学課の授業も有りますから、原付免許取得時あやふやだった交通ルールとか標識をちゃんと教えて貰えるので、有る意味安全が確保されると言う側面が有ると思います。

マニュアル免許とオートマチック限定免許が有りますので、用途に合わせて好きな方を選択してください。

この免許で運転出来る車両は原付に比べて大幅に制限が解除されますが、それが故の責任と言う物もついて来るんだと思います。

たとえば二段階右折をする必要が無くなるのですが、4車線有る大きな道路を右折する時に、気をつけないと「通行区分違反」で減点される事が有ります。

ついでに言うと、意外と高いのですよ反則金が……

私も良く確認しないで東京ドーム付近で右折して、一度止められた事が有ります。その道路は確かに白バイの巣窟で有る事は認識しておったのですが、ホントにボンミスで止められしまったのですよ。

でも、取り締まるならちゃんとサイレン鳴らして警告してからお話しして欲しいです。

実はその時点で白バイに追いかけられてた事を全く認識しておらず、停車してバイクから降りて付近の写真を何枚か取って、さて出発しようとした時に物凄~く控えめな白バイの女性警官がとんでもなく済まなそうに、そ~っと声をかけて来たのですよ。

あんまり躊躇してるし、止まってから少し時間が経ってるので、警告だけで終わるのかなって思ったら、しっかり青切符切られました。ひょっとしたら新人の白バイ警官だったのかも知れませんね。

ただ、言わせてもらうと取り締まりはもっと堂々として欲しい物です。ひょっとしたら新人の白バイ警官だったのかも知れませんが、あまりにも下手に応対するので、指摘事項を口に出して言い出す事が出来ず、

長年継続して来たゴールド免許も継続中断してしまいました、今は普通の青色免許です。

勿論、落ち込みましたよ、かなり。

このクラスの二輪車なら、ちょっとしたツーリングにも出掛ける事が出来ますよ。

山奥に有るカーブの多い道路を、すいすい走って行くのは二輪車ならではの体感です。実用意外に楽しめるようにもなる、平日は街中を駆け抜ける颯爽とした姿、週末は山道を駆け抜ける風になる。

それが小型限定二輪免許の魅力だと思います。

でも、車と車の間をすり抜けるとか後続の4輪車をバックミラーの点にしてしまうとか、そう言う無茶はしないで下さいね。

そう言う体験に遭遇する事が有る小型限定免許です、ちょっと挑戦して見たくなりました?次回は実際に免許取得に挑戦します。