雰囲気だけは味わえる三輪車「トライク」とは?

さて、ここまでレポートして来ましたが、ひょっとしてやっぱりめんどくさいから二輪の免許なんて要らないや……

とか、思っちゃったりしていません?

普通四輪だって取得する時めちゃめちゃ苦労したのに、今更教習所に通うなんてって思う気持ちも確かに分かります。

困る事無く暮らせてるんだから四輪だけで良いや、二輪は無くても困らないし。

まぁ、おっしゃりたい事は良く分かります。

そこで、そう言う方にお勧めしたいのが「トライク」です。

今回御紹介するのは普通四輪の免許だけで乗れて二輪車の雰囲気を味わえる車両です。

トライクとは普通の二輪車を無理矢理三輪車に改造すると言う荒業を使った車両の事なのですよ。これなら殆ど二輪車と変わりませんね。

しかも普通乗用車扱いになるのでヘルメット着用の義務も無いし、一年待たなくても二人乗り出来ます。そして、転倒する可能性は限りなくゼロに近いとなれば放っておけないと思いません?

大きく違うのは車体を傾ける事無く曲がれる構造にしないといけないって決まりが有るそうですので、ぎりぎりまで車体を寝かせた時のわくわく感覚だけは味わえませんね。

ヘルメット着用の義務が無いトライクですが、これはあくまで個人的な意見を述べますと、ヘルメットは自主的に被った方が良いと思います。

そう、もしも事故起こした時に備えて……

トライクや二輪車って前を走る車両に追突しても後ろから追突されても放り投げられるのは目に見えてるじゃないですか。

そうなった時、ガード無しの頭部を直接アスファルトの路面に叩きつけられた時を想像して見て下さい、絶対無傷じゃいられませんものね。

その辺は二輪車も三輪車もおんなじだと思います。一人乗りでも二人乗りでも出来るだけヘルメットは被った方が絶対お得だと思います。

★★★
バイクの購入費用がないときはこちらで↓↓↓
イオン銀行カードローンは低金利!
★★★

ここ最近、かなりトライクはかなり普及してきた感が有りまして、広めで交通量が多い道路走っていると結構な確率で遭遇します。

殆ど大型スクーターを改造したオートマチック車が多いんですが、大排気量の所謂バイクはって想像した時に思い浮かぶ形の物に後ろ二輪を足したみたいな物まで、

バリエーションは豊富な様で色んなタイプが走り回っております。

ここで、ちょっと待てとおっしゃる方がいるかも知れませんが、それに気が付いたあなた、かなり鋭いです。

その疑問とはおそらく、国内の某バイクメーカー様が前が二輪で後ろが一輪の三輪車発売してるじゃん、あれはトライクじゃ無いの?普通四輪の免許じゃ乗れないのって言う疑問。

実はあれ、曲がる時にしっかり車体を傾けないと曲がらない構造になってますので、上にも書いた通りでトライクとは言わないのです。あれは小型二輪限定以上の二輪の免許が無いと乗る事は出来ません、残念ですか?

なら二輪の免許取りに参りましょうね(^^;

トライクはあくまで二輪車の雰囲気だけを味わう事しか出来ません。二輪車とは似て非なるというか、全く別物ですので見た目に騙されないで下さいね。

さて、次回は二輪車で駆け抜けた高速道路から見える景色や感じた事を纏めてお伝えしたいと思いますので御期待下さいね。

ではまた今度。